「和食」カテゴリーアーカイブ

たか福 羽田空港国際線ターミナル店、本格的なすき焼きを楽しめるお店

たか福は羽田空港第3ターミナルにある、本格的なすき焼きを楽しめるお店です。
木をふんだんに使った外観は、日本旅館のように落ち着きがあって、1人でも入りやすい雰囲気があります。
お店に入るとすぐに店員さんが声をかけてくれて、気配りの上手なかたが多いです。

たか福は店内も木材と紙を多く使われていて、どこか懐かしさを感じる作りになっています。
そのせいか、とても居心地がいいので大好きです。

たか福オススメ料理は『すき焼膳-並盛』。
1,650円(税込)。

お手頃価格でありながら、ご飯にお味噌汁、小鉢、香の物。
そして、すき鍋に生卵つきで、お腹いっぱいになります。

特に、ご飯とお肉を一緒に口に含んだときの幸せ感は、全身の力が抜けてしまうほどです。
お味噌汁に小鉢、香の物もあるので、たまにご飯とのペース配分を考えないと、この幸せを味わえるチャンスが減ってしまいます。

出発前にガッツリお腹と心の栄養補給ができるので、たか福はオススメです。
現在はテイクアウトのみになっているようですが、機会があればぜひ店内で召し上がってみてください。

店名:たか福 羽田空港国際線ターミナル店
住所:〒144-0041 東京都大田区羽田空港2丁目6−5
電話:03-5708-7529

木曽路 熊谷店はランチが豪華で種類も豊富なのでオススメ

熊谷にある木曽路は、ランチメニューが豪華で色んな物が食べられるのでオススメです。

店名:木曽路 熊谷店
住所:〒360-0042 埼玉県熊谷市本町1-77
電話:050-3464-7998

熊谷の木曽路は、ランチメニューが豪華でたくさん食べられるのでお腹いっぱいで大満足できる飲食店です。
そして、ランチは11時から15時までです。

木曽路でよく注文するのが、ランチメニューの刺身定食です。
価格は1500円です。

お造り(大皿盛り)、天婦羅、季節一品、茶碗蒸し、御飯、味噌椀、香の物、デザートが食べられます。
刺身は新鮮で、天麩羅もサクサクで、茶碗蒸しやデザートも付いているのでボリュームがあり色んな物が食べられます。
お腹いっぱい食べられるので大満足です。

また、木曽路で他の時に来て注文して食べるのが、握り寿司と稲庭うどん定食です。
価格は1800円です。

握り寿司盛合せ、一人鍋(きりたんぽ鍋)、天婦羅、茸餡かけうどん、デザートが食べられます。
どれも美味しくて色々と食べられるのでボリュームがあります。

握り寿司は、マグロの赤身・イカ・サーモン・蒸し海老・エンガワ・ホタテです。
このランチもお腹いっぱい食べられるので大満足です。

他にも、しゃぶしゃぶやすき焼きのランチもありどれも美味しいです。
そんな、ランチメニューが豊富でボリュームがある木曽路は、オススメできる飲食店です。

一宮甲羅本店、愛知県一宮市にある和食カニ料理チェーン店

私の地元から近い愛知県一宮市にある、ゆったりした癒しの空間を楽しめる、カニをメインにした和食料理店、一宮甲羅本店を紹介します。

店名:一宮甲羅本店
住所:愛知県一宮市旭1-2-22
電話:0586-25-8811

一宮甲羅本店は、東海、関東、中国、四国地方にて展開中のカニ料理店ですが、料理だけでなく、落ち着いた和の雰囲気を感じさせる内装にも魅力いっぱいで、癒やしの空間を提供してくれる素敵なお店です。
店内のテーブル席や個室だけでなく、全体に竹や造花が設置されており、どこからでも美しい風景を楽しむことができます。

一宮甲羅本店の料理はカニを中心にしたメニューがたくさんあり、海鮮丼やカニ天重、カニ釜飯、カニしゃぶ御膳、カニステーキ御膳といったバリエーションが豊富で、牛しゃぶや季節限定のふぐ料理、松茸を含んだ炭火焼きなども食べられます。
私は、カニしゃぶ御膳を頂きましたが、カニづくしのセットメニューで味も美味しく、カニしゃぶ身のおかわり(3本)も追加するほどの美味しさです。

一品料理もカニづくしで、餡かけやシューマイ、グラタン、太巻き寿司などもあり、寿司類、セイロ、シューマイやカニえび天重など、お弁当のような形でテイクアウトができるのも嬉しいです。

この一宮甲羅本店は、ご家族連れなどの少人数から宴会だけでなく、法事や慶事、祝辞などの行事にも利用できるプランが用意されております。
私も年に4回利用していますが、これからも定期的に利用していきたいです。

大起水産 回転寿司 西宮ガーデンズ店、西宮北口駅近で行列のできる人気店

関西圏で寿司店を展開する大起水産は、安くて美味しい物を追求してやまない関西人のニーズに合う寿司を提供する店として支持されています。
大起水産は、車でアクセスしやすいお店のみならず、ターミナル駅近くのお店も多いのが特徴のひとつです。

今回紹介する西宮ガーデンズ店は、阪急電鉄の西宮北口駅すぐのショッピングモール「阪急西宮ガーデンズ」の4階のレストラン街にあります。

店名:大起水産 回転寿司 西宮ガーデンズ店
住所:兵庫県西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ4F
電話:0798-62-6121

大起水産の土日祝日は、時間を問わず長蛇の列ができていることが多いのですが、平日の場合は、開店直後の時間帯などを狙って来店すれば、比較的待ち時間が少なくて済みます。

最も安い1皿100円(2貫)のメニューは、軍艦や巻物が中心ですが、寿司屋のネタとして断トツの人気を誇るマグロも2貫・100円で食べられます。
ネタの厚みも十分なマグロは、大起水産のコスパの高さを強く実感できるメニューなので、ぜひ試してみて下さい。

サーモンやハマチ、イカといった定番人気のネタは1皿150円が中心で、その良心的な価格設定とネタの鮮度の良さを考えると、行列をしてでも食べたくなるのが納得できます。
個人的なおすすめは、活〆鯛と、霜降り海老(いずれも1皿200円)です。

生のネタを使った寿司のほか、炙り系の寿司やおつまみになる揚げ物などが揃っているところも嬉しいですね。
大起水産は店員さんのサービスも行き届いていて、幅広い層の方におすすめできるお店です。

由布まぶし 心 湯布院駅前支店、湯布院で一度はいただきたい最高の炭火焼豊後牛

湯布院駅の前にある由布まぶし心(しん)さんの豊後牛まぶしは、炭火で炙った地元豊後牛を、ふんだんにご飯にのせた釜飯風のまぶしを中心にしたコース料理です。
豊後牛はとにかく柔らかく香りが高く、甘辛いタレがしみ込んだ白米と絶妙に合って病みつきになります。

由布まぶし心は、前菜なども多彩な地元野菜が使われていて、見た目も美しくたくさんの種類を少しづついただくことができます。
まぶし自体もそうですが、野菜が美味しい前菜の女性ファンも多そうです。

由布まぶし心は、とにかくどれもボリュームがあり、調理も盛り付けも繊細さを感じさせるのに食事が終わるとお腹が幸せでいっぱいになります。
まぶしには「豊後牛まぶし」の他にも「うなぎまぶし」「地鶏まぶし」と種類があり、価格は2,200円から2,500円といった所です。

豊後牛の本来の味が楽しめて、個人的には「豊後牛まぶし」がおすすめです。
平均的な広さの店内は黒基調で落ち着いていて、由布まぶし心は、お友達連れや家族連れ、カップルにご年配の方と、層を問わずいつも人がいっぱいです。

湯布院で温泉に入って、帰りにまぶしをいただいて帰るという至福のコースを、皆様にもぜひ一度味わっていただきたいです。
由布まぶし心の基本情報は以下になります。

店名:由布まぶし心 湯布院駅前支店
住所:大分県由布市湯布院町川北5の3 2F
電話:0977-84-5825

西宮市、すし処 内海 本店は夜でもお得に本格寿司がいただけます

西宮には美味しい寿司店がたくさんありますが、回転寿司ではない昔ながらの寿司店は美味しい分、やはり値があがります。
そこで本物の寿司を少しでもリーズナブルにいただきたいときに嬉しいのが、各寿司店で行われているランチサービス。

しかし、そんなランチ並の値段で夜もリーズナブルにいただける寿司店があると、地元で評判のお店がありました。
それがこちら、内海 本店です。

店名:すし処 内海 本店
住所:西宮市中前田町9-14 オズコートⅡ 1階
電話:0798-22-0145

内海は、JR西宮駅から徒歩15分ほど北に上がった閑静な住宅街の中にある寿司店です。
駐車場は10台分。

内海の店内は、明るく落ち着いた和空間でテーブル席、座敷席と長いカウンター席があり、ゆとりある広さです。
寿司店の醍醐味を味わうならば、やはりショーケースのあるカウンター席がおすすめです。

内海は漁港から直接仕入れており、鮮度抜群の魚が揃っています。

握りは一皿二貫入りで、玉子にキハダマグロ、コハダなどが130円からという嬉しい話。
本マグロでも250円、シマアジが370円というから驚きです。
にぎり930円、上握り1520円、特上でも1900円です。

ランチタイムには海鮮丼目当てに多くの人がやってきます。
この海鮮丼。
ネタがてんこもりで丼からこぼれ落ちてしまいそうなほど。

お吸物付で1600円とは、待ってでも食べたいランチの一つ。
鮮度抜群のネタをリーズナブルにいただけるすし処 内海 本店は、今日も多くの人が訪れる名店です。

福島県二本松市、国道沿いにある老舗レストラン「立美」

福島県二本松市は、「鬼婆伝説」があるんです。
その舞台は二本松市の安達ヶ原。
福島県を流れる阿武隈川沿いに位置し、かつて悲しい事件があったと受け継がれる土地です。

今では「安達ヶ原ふるさと村」というテーマパークになっていて、春にはきれいな桜、秋には紅葉が、普段は子どもの遊び場として利用されています。
そんな安達ヶ原から橋を渡ってすぐの場所にあるのが「立美」です。

立美ができたのは、今から40年以上前です。
私の両親は今年で60歳になりますが、両親が独身の時からあり、子どもの私も通っています。

小さいころから立美に通っていて、一番気に入っている、そしていつも必ず頼むのがこれ。
「ナポリタン(750円)」です。

普通のナポリタンって、玉ねぎやピーマン、ハムがケチャップと一緒に炒めたものですが、立美のはちょっと違います。
まず出てくるのは、茹でた太麺のパスタとたまねぎ、ピーマン、ハム。

そこに別添えで出てくる、コクの深いトマトソースをかけて食べます。
太麺のパスタとコクの深いトマトソースが相性ピッタリです。
この味はほかの店では味わえません。

立美は、他にもたくさんメニューがあって、お店の外のショーウィンドウにサンプルがおいてあります。
昭和を感じるレトロなお店です。

座敷席とテーブル席があって、大人数でも利用可能です。
休日は団体で座敷席を貸切している場合もあるので気を付けてくださいね。

店名:レストラン立美
住所:福島県二本松市榎戸2-60
電話:0243-22-4591