「カフェ」カテゴリーアーカイブ

モール、埼玉県比企郡嵐山町菅谷にある昭和レトロな雰囲気が漂う喫茶店

埼玉県内で昭和レトロな雰囲気が漂う喫茶店を発見しました!
今回紹介するお店は「モール」です!

店名:モール
住所:〒355-0221 埼玉県比企郡嵐山町菅谷135
電話:0493-62-5530

モールは東武東上線の武蔵嵐山駅から徒歩1分。
駅前にある昔ながらの喫茶店やパーラーという感じです。
パーラー特有の狭い机やベルベットのカーテンなど、独特の雰囲気が良い味を出しています。

モールのメニューは100種類程度あったでしょうか。
今回はその中のチーズケーキとハムトーストを注文しました。

両方とも400円という安さです。
ケーキとドリンクのセットだと600円でした。
チーズケーキはレモン風味で美味しかったです。

トーストはおすすめです。
表面だけではなく、具が入る面(内側)も焼いてあったので、カリカリが好きな私にとっては最高に美味しいものでした。

モールは仲のいいご夫婦が切り盛りしています。
接客は奥様、料理は旦那様が担当しているようです。

注文したトーストを人数分に切ってくれるなど、サービスしてくれる優しい方でした。
常連さんもいるようで、ご夫婦と仲良く話している方もいらっしゃいました。

今度はカレーやピラフなどのお食事を注文したいと思います。
皆さんも機会があったら、モールに是非行ってみてください!

バインミー ウィン、桜ノ宮駅近くにあるベトナムサンドイッチがおすすめのカフェ

店名:バインミー ウィン
住所:大阪府大阪市都島区中野町4丁目17−12
電話:080-9475-7668

JR桜ノ宮駅のすぐ近くに、バインミー ウィンというベトナムサンドイッチのお店があります。

あまりベトナム料理に詳しくなく、知っている料理はフォーぐらい。
そんな私でも、バインミー ウィンのサンドイッチにはまりました。

作っている方はベトナム出身なので、本場の味を味わうことができるんです。
ベトナムサンドイッチなんですけど、見た目はホットドッグって感じです。
フランスパンに似た感じのパンに、肉や野菜などを挟んでいます。

バインミー ウィンではパンをお店で焼いてるので、できたてのパンを食べることができます。
このパンなんですが、サクサクした食感で美味しいんですよね。

種類もたくさんあります。
焼き豚やチキン、ベトナムハムなどの肉類から、エビとアボガドなんてメニューもあります。
味付けも絶妙で、日本人の口にも合う味です。

値段も500円前後のメニューが多く、手軽に食べることができるのが嬉しいです。
バインミー ウィンは朝7時から営業されているので、朝食で食べるもありですね。
営業終了の時間は売り切れるまで。

かなり人気があるからか、早めに売り切れることも多いようです。
お店のインスタに商品や販売状況の情報がアップされているので、そちらもチェックしてみてください。

とにかく美味しいし、バインミー ウィンの店員さんも人柄が良い。
素晴らしいお店が駅前にできたなと思いました。

ゐなカフェ、北名古屋市にある穴場の隠れ家オシャレカフェ

ゐなカフェは、北名古屋市の市役所内にある、オシャレな穴場カフェです。
役所の人はもちろん、外からも入れます。

ゐなカフェ初入店で場所が分からなかったので、役所の人に聞き入口へ向かいドアを開けると、目の前にはとても広い空間が飛び込んできました!
役所内にこんな場所があるなんて!と驚きでいっぱいになります。

ゐなカフェはメニューもオシャレな料理ばかりで、選ぶのに時間がかかります。
飲み物メニューも豊富です。

注文後料理を待ってる間は、お店で雑貨も売っていたので店内をウロウロでき、待ち時間など感じませんでした。
ハーバリウムなど、女の子が好きな物が多くずっと見ていたかったですね。

ゐなカフェの料理に関しては、どれもこれも美味しいです。
選べないという方は、ガパオライスをぜひ食べてほしいです。
野菜もしっかり取れますし、かなりオススメです。

全体的な価格帯については、1200円前後です。
量もしっかりあるので、満足のできる料理と価格だと思います。
プラス300円でドリンクとスイーツ付きにも!

店名:ゐなカフェ
住所:愛知県北名古屋市熊之庄御榊60
電話:0568-25-5225

ランチ14時までで、役所の人が来る12時前後を避けてくるとすぐ座れます。
ランチ後はカフェタイムに入るので、その時間に行ってのんびりと時間を過ごすのもオススメです。

ゐなカフェのお店の方から、寒さや暑さは大丈夫?など気を遣って頂いたことも高評価です。
知る人ぞ知る隠れ家カフェです。
ぜひ一度足を運んで欲しいです。

喫茶アンバー、横浜市緑区にあるレトロな喫茶店で落ち着いたカフェタイム

横浜の繁華街から離れた街、緑区の中山駅から徒歩9分ほどの場所に、落ち着いた時間の流れる喫茶店、Amber(アンバー)があります。

店名:喫茶アンバー Amber
住所:神奈川県横浜市緑区台村町367-2 パーシモンシティ2
電話:045-298-1883

どこか懐かしい書体で書かれた店名、古めかしい色合いのカーテンやソファ、カウンターの黒電話、時刻ごとに鐘を打つ時計……
アンバーはレトロな老舗喫茶店の風格ですが、実は比較的新しいお店のようで、初めての方も女性店員さんがあたたかな笑顔で迎えてくださいます。

ドラマ「凪のお暇」のロケ地でもあり、店内には俳優さんのサインも飾られていました。

ランチの時間帯には、フードメニューとドリンクのセットが880円からいただけます。
アンバーおすすめはナポリタン。
太いもちもちの麺に濃厚なトマトソースがたっぷり絡み、これぞ喫茶店のナポリタンといった期待を裏切らない逸品です。

また、固めに仕上げられたプリンが人気で、これを注文されているお客さんがたくさん見られます。
コーヒーも雑味を感じない良い香り。

アンバーのカウンターの奥に綺麗に並べられた何種類ものカップとソーサーで提供されるため、一杯ごとに食器が違い、味だけでなく見た目の美しさも楽しむことができます。
2020年11月現在、コロナの影響で営業日を短縮しているようですが、レトロな雰囲気のお店でゆったりした時間を過ごしたい方には最適のお店です。

コナズ珈琲 垂水店、神戸市垂水区にあるハワイ気分が楽しめるカフェ

店名:コナズ珈琲 垂水店
住所:神戸市垂水区名谷町2035-1
電話:078-792-7726

コナズ珈琲は、2018年秋にopenしたハワイアンカフェ。ハワイの民家風な外観と背の高いヤシの木。
入口には大きなサーフボードがディスプレイされている。

コナズ珈琲の店内は細部までハワイにこだわった作りとなっており、まるで本当にハワイにいるかのような気分が楽しめるコナズ珈琲。

パンケーキとボリュームたっぷりのホイップクリームが大人気。
コナズ珈琲は季節限定メニューもあり何度も食べたくなります。

グランドメニューはハワイアンディッシュとバーガー、エッグベネディクト等から選べます。
またカレーやロコモコ、ハンバーグといったプレイトもありメニューのバリエーションが豊富。そしてどれも美味しい!

店内の珈琲は全てKONA珈琲で、本日の珈琲がおすすめ。
土日はもとより平日もお昼前からほとんど満席ですが、予約制ではないので早めに行かれる方が良いと思います。

また駐車場が10数台しか止められないので、席が空いていても満車ということもあります。
近くに駐車場がないのでくれぐれも注意して早めに行かれることをおすすめします。

ランチの場合、一度席に付かれると居心地がよいのでゆっくり長居をされるお客様が多いようです。
コナズ珈琲は日常を忘れてホッと出来る空間です。

cafe mikke、守口にあるお洒落で落ち着ける雰囲気のカフェ

店名:カフェ ミッケ cafe mikke
住所:大阪府守口市豊秀町2丁目5-1
電話:なし

前から気になるカフェがあったので、この前行ってきました。
cafe mikkeはお洒落な外観のカフェなのですが、スポーツタイプの自転車が飾ってある。

私もロードバイクに乗っているので、自転車好きの店員さんがいるんだなと気になっていたんです。
なかなかセンスの良さそうな店ですし、行ってみることに。

cafe mikkeのお店はカウンターとテーブルがあって、綺麗で落ち着くには良い雰囲気。

そして、cafe mikkeがこだわっているのは店の外観や内観だけではない。
料理にもこだわりがあるようです。

日替わり定食があったので、それを注文することに。
玄米と味噌汁、ひれステーキにサラダ、そして小鉢で3品出てきました。

食材なんですが、産地が表記されています。
安全な食材を使いたいってことでしょうね。

料理は手作りですし、ヘルシーな味付け。
食べていると、幸せな気分になれる味です。

最後にチーズケーキを食べたのですが、こちらも美味しい。
他にも美味しそうなスイーツがたくさんあり、次回は違うものも食べたいと思いました。

ちなみにcafe mikkeのスイーツは、オーガニック素材を使っての自家製らしいです。
料理などは季節によってメニューが変わるようです。

旬の素材を使った料理を食べられるってことですね。
cafe mikke、体も心も癒すことができました。

ニコット、高知市高須新町にある美味しいカレーとスイーツのカフェ

店名:ニコット
住所:高知県高知市高須新町1-14-6 青山ビル 1F
電話:088-855-7117

ニコットは、電車通りにあるこじんまりとしたカフェです。
店内はカラフルで賑やかな雰囲気。
キッズスペースがあり、子供連れでも抵抗なく訪れることができます。

ニコットは1000円前後のランチが人気で、ランチタイムはいつも満席になります。
とても忙しそうにされていますが、店員さんの対応も良いです。
サラリーマンが1人で来られているのも見かけます。

ニコットのお目当てはスープカレー。
熱々の石焼きの皿に注がれ、ぐつぐつ煮えたぎった状態で運ばれます。

私のおすすめはシーフードのスープカレー。
ぷりぷりのエビやイカ、ムール貝がゴロゴロ入っていて、とろけたチーズ、スパイスとの相性は抜群。

ライスは白米か雑穀米が選べます。
ライスを少しずつすくってスープに浸し、はふはふ食べると身体がぽかぽかしてきます。

スパイスが鼻から抜けるのを感じますが、そんなに辛くないので、辛いのが苦手な方でも食べられます。
また、ニコットは量が多いので男性も大満足だと思います。

駐車場側の入り口近くにショーケースがあり、スイーツの販売もしています。
こちらのニコット、カレーだけでなく、ケーキも絶品なんです。

デコレーションがとっても可愛らしいので毎回とても悩みますが、どのケーキも甘さ控えめで素材の味をしっかり感じられる、バランスの良いケーキです。