宮鍵、名古屋市中村区にある明治時代からの老舗ひつまぶし店

ひつまぶしは名古屋名物の1つです。
名古屋を訪れたら、美味しいひつまぶしを探し求める人もたくさんいるでしょう。
そこで、地元民も観光客も愛してやまないひつまぶしの名店、宮鍵をご紹介します。

店名:宮鍵
住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-2-13
電話:052-541-0760

宮鍵は明治時代に創業された老舗料理店です。
伝統のたれで作られたひつまぶしは絶品で、味の虜になりリピーターが多いことでも有名です。

宮鍵の外観は純和風の造りで、日本人の和の心を擽るものがあります。
外国人観光客でしたら、思わず記念写真を撮りたくなるかもしれません。

宮鍵おすすめなメニューは勿論ひつまぶし。
薬味つきで3800円、定食では4280円となります。

うなぎの皮は歯応えよくパリッと、身はふっくら口の中でほぐれるほど柔らかくなっています。

名店ではありますが、宮鍵は予約が可能なのであらかじめ予定が決まっていれば、並ばずとも席に座ることが出来ます。

お席は座席が中心。
コース料理を頼むことで、夜の個室も利用することが出来るようになっています。

店員さんの接客は礼儀正しく、親しみやすい感じです。
混んでいてもてきぱき動いていて、声をかけると丁寧に応じてくれる様子に好感が持てます。