桂、日本橋の新しい街並みにひっそりと佇む老舗の洋食屋

店名:桂
住所:東京都中央区日本橋室町1-13-7
電話:03-3241-4922

日本橋と言えば、「お高い・高級・セレブ」等のイメージがつきやすく、実際に私もランチを外で食べると、少なくても1,000円前後してしまいます。

また、最近になり開発が進み、コレドなど新しいお店や商業ビルも増え、とてもHOTなスポットになっております。 
近くには三越があり、買い物にご飯と、お出かけスポットにはぴったりの場所です。

そんな、日本中心である日本橋に、とてもオススメしたい洋食屋さんがあります。
それは、「桂(かつら)」です。

場所は、コレド室町の傍にある、緑色の看板を下げた洋食屋さんです。
桂の料理は、少し古風な洋食でですが、味はピカイチです。

桂のオススメはメンチカツランチです。
メンチカツは、大人の男性のこぶし程度あり、ボリューミー。

そのメンチカツに、ナイフとフォークを入れると、あふれ出る肉汁。
これだけで、お腹がさらにペコペコになります。

それを口に運ぶとまったく臭みのないお肉がとてもフワフワとして、抜群に美味い。
次にカラシと合わせて食べても、ピリっとした辛みが合わさりまた美味しい。

そして、それらを包み込む特製のデミグラスソース。
味はまろやかで、サクサクな衣と合わせて食べても、少し時間がたってヒタヒタな衣に合わせて食べても、両方美味い。

そんな「町の洋食屋さん桂」に、お買いものついでのランチにでもいかがでしょうか。
桂の接客は、おばあちゃんたちがやっているので、すこしでも気になる方にはオススメできませんが、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です