福島県二本松市、国道沿いにある老舗レストラン「立美」

福島県二本松市は、「鬼婆伝説」があるんです。
その舞台は二本松市の安達ヶ原。
福島県を流れる阿武隈川沿いに位置し、かつて悲しい事件があったと受け継がれる土地です。

今では「安達ヶ原ふるさと村」というテーマパークになっていて、春にはきれいな桜、秋には紅葉が、普段は子どもの遊び場として利用されています。
そんな安達ヶ原から橋を渡ってすぐの場所にあるのが「立美」です。

立美ができたのは、今から40年以上前です。
私の両親は今年で60歳になりますが、両親が独身の時からあり、子どもの私も通っています。

小さいころから立美に通っていて、一番気に入っている、そしていつも必ず頼むのがこれ。
「ナポリタン(750円)」です。

普通のナポリタンって、玉ねぎやピーマン、ハムがケチャップと一緒に炒めたものですが、立美のはちょっと違います。
まず出てくるのは、茹でた太麺のパスタとたまねぎ、ピーマン、ハム。

そこに別添えで出てくる、コクの深いトマトソースをかけて食べます。
太麺のパスタとコクの深いトマトソースが相性ピッタリです。
この味はほかの店では味わえません。

立美は、他にもたくさんメニューがあって、お店の外のショーウィンドウにサンプルがおいてあります。
昭和を感じるレトロなお店です。

座敷席とテーブル席があって、大人数でも利用可能です。
休日は団体で座敷席を貸切している場合もあるので気を付けてくださいね。

店名:レストラン立美
住所:福島県二本松市榎戸2-60
電話:0243-22-4591

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です