THE博多中洲の屋台、呑龍さんはロケーションもごちそう

店名:屋台 呑龍 (ドンリュウ)
住所:福岡県福岡市中央区春吉3 春吉橋西側
電話:なし

西中洲の国体道路にかかる春吉橋のたもとに出ている屋台、呑龍です。
最寄駅は地下鉄天神南駅ですが、西中洲に位置しているため中洲で飲んだ後に利用しやすい屋台です。赤い看板に白い暖簾が目印です。

西中洲は天神や住吉、もちろん中洲からも徒歩圏内なのですごく便利な場所です。
中洲という最高のロケーションの中、屋台で一杯というのも風情があっていいもんです。

さて、呑龍のメニューは厳選されていてシンプルです。
大鍋にダイナミックに構えているおでんは三種で500円。
めざし(600円)、エイヒレ(500円)、焼き豚足(500円)などあまりメニューは豊富とはいえません。

呑龍といえばラーメン(700円)でほぼみなさんラーメンを食べていらっしゃいます。
わたしがお邪魔した時もシメにサクッとラーメンだけ食べて帰るお客さんも多かったです。
ラーメンが有名なのかな~なんて思いつつわたしもラーメンのみオーダーしました。

オーダーしたらすぐ出てきてびっくり。
呑龍のラーメンはチャーシュー、ネギ、キクラゲがトッピングされています。
キクラゲが入ってるのありがたいわ~!

ラーメンのスープは良くいえばあっさりなのですがまあ、薄い感じがしました。
豚骨臭くはないのですがパンチが足りないと言いますか・・・
そして、十数軒の屋台しか知りませんが全体的によそに比べて価格設定が割高な気もしました。

中洲のロケーション込みで雰囲気を楽しむお店なのかな、と感じました。
悪くはないのですが、福岡には美味しくて安いラーメン屋さんがたくさんあるので。
呑龍は、結構人気のお店のようなのですが、わたしたちには良さがあまりわかりませんでした。