ギャンブルの借金地獄から抜け出す方法はある?

お金を借りるという行為は、本来は後ろめたいもの…恥の文化がそうさせているのが日本の現状です。
しかし、貸金業者が増え、返済能力さえあればお金を借りられるとあり、そこへ深く入り込んでしまう人もいます。
では、どのような人たちが借金地獄におちいり、抜け出す方法がなくなってしまうのでしょうか。

それは、昔からよく言われているのが買物依存症とギャンブル癖です。
住宅ローンや自動車ローンというのは、一度融資を受ければそれでおしまいになるパターンが多くなっています。

しかし、何度でも借入、借金返済ができる消費者金融から借りることができるお金には中毒性があります。
お金を返していれば何も言われないということもあり、ある程度返済をしたら再び融資を受ける…この繰り返しが借金地獄におちいる原因になっているのです。

貸金業者はお金を貸して金利を回収することで儲けを出しています。
お金を限度額内で貸すことで商売をしているので、返済をしてくれる人はいいお客さんとして扱っています。

しかし、それを勘違いしてしまうと、いつまでたっても返済が終わらないということになってしまうのです。
ギャンブル癖や買物依存症は、一度ハマってしまうと、なかなか抜け出すことはできません。

買物は浪費ばかりですし、ギャンブルは勝てれば問題ありませんが、毎回勝てているのであれば、借金地獄どころか借入すら行っていないはずです。

借金返済すればいいというものという認識ではなく、まずはキッパリと辞める!ということが大切になってきます。
生活のためにも、そして家族や周りの人のためにも、生活に支障が出ない程度にたしなんで欲しいものです。

参考:ギャンブル借金地獄

ギャンブル借金地獄で死にたい状態の体験談

いつの間にかギャンブル(パチンコ)にはまり、仕事を辞め、毎日開店前から並ぶようになり、店員の顔と名前が一致するくらい通いました。
そんな生活なので、貯金はあっという間に底をつきました。

パチンコ屋の近くにありがたいことにローンを組めるATMが入っているビルがあり(仲間は「サラ金ビル」と呼んでいました)、皆そこで借りていたので、私もそれに倣い借金をしてパチンコを打っていました。

ある日負けて家に帰ると催促状が届いており、数社からお金を借りている私はそれがどの会社なのか、ビルのどこにある会社のものか分かりませんでした。

ギャンブルの為に、それだけ借金を重ねていました。
負けてへこんでいたし、普通郵便できたので気にしなくていいやと思い、そのまま部屋に放置し不貞寝しました。

数日すると今度は違う会社から催促状がきて、面倒くさいなぁと思いつつ封をあけてみると、見たことのないような金額を借りていて、しかもそれを返済しろ期限は一ヶ月とあったのです。
どうやらいつの間にか利子?で借金が増えており、偶然その日は勝ったので即座に入金をに行きました。

そこから毎日のように催促状が色んな会社から届くようになり、そもそも貯金もないのですから返せるわけもなく、ビルの中の他の会社から借りようと思ってもどこも審査が通らず、しかし催促状は貯まっていくし、ギャンブルも出来なくなりました。

実家から米が送られてくるので一応食べることに困らないのですが、電気代も払うことができない借金地獄です。
米だけの生活も飽きてきましたし、でも催促状は毎日のようにやってくるしで精神的に追い詰められています。

何とかして今の状態から脱出しないといけないのですが、そろそろ電気も止まってしまいます。
こうやってパソコンで文字を打つことも出来なくなると思います。

そうなる前に仕事を探すか、借金地獄を何とかしなければいけません。
とは言え、履歴書に写真を張るにもお金がかかるので、しかしそのお金も出すことができないのでどうしたらいいのかと本当に悩んでいます。